葉酸(ようさん)


ビタミンB群の一種。ほうれん草から発見されたため、葉酸と名づけられた。以前はビタミンMと呼ばれた。遺伝子(DNA)の素材を合成するために必要。加えて、動脈硬化の予防、新生児の奇形の予防、大腸ガンの予防など、多くの病気を防ぐ効果があるようだ。特に新生児奇形に対する効果は強いので、妊婦や妊娠する可能性がある女性は積極的に摂取したい。日本人の1日当たり栄養所要量は15歳以上の男女で200μg。許容上限摂取量1000μg。妊婦には1日400μgの摂取が薦められている。ほうれん草などの葉野菜に含まれるが、1日400μgとるのはサプリメントを使わないと難しい。

Contents



ネットショッピング 激安

ニコン クールショット

レーザー距離計 屋外

ダイビングライト TrustFire