×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビタミンの種類と効果


ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK
ビタミンC ビタミンB3 ビタミンB1 ビタミンB2
ビタミンB5 ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸
ビオチン イノシトール


ビタミンA

主な働き ・視力低下や夜盲症を防ぐ
・細胞の粘膜や皮膚、粘膜の再生と維持
・感染に対する抵抗力を高める
欠乏症 ・夜盲症・眼球乾燥・発育不全・皮膚や粘膜の上皮の角質化
過剰症 ・嘔吐、下痢 ・皮膚の角化と剥離 ・発疹、疲労、生理不順 ・食欲不振 ・肝臓肥大などの肝障害
供給源 牛・豚レバー、うなぎ、人参、ほうれん草、バター、春菊、チーズなど

ビタミンD

主な働き ・骨の発育を促進する
・血液中のカルシウム量を一定に保つ
・ビタミンAの吸収を助ける
欠乏症 ・くる病・骨軟化症・骨粗しょう症
過剰症 ・食欲不振 ・体重減少 ・嘔吐 ・不安、過敏などの精神症状
供給源 レバー・バター・卵黄・煮干・まぐろ・椎茸

ビタミンE

主な働き ・細胞の酸化や老化を防ぐ
・過酸化脂質の生成を抑制
・血管の強化
・動脈硬化の予防
欠乏症 ・脂肪吸収障害・遺伝性疾患・溶血性貧血・運動失調・神経障害
過剰症 ・とくになし
供給源 種実類・小麦胚芽・ひまわり油・植物油

ビタミンK

主な働き ・血液を凝固させる物質の生成
・骨の発育を促進
欠乏症 ・血液凝固の遅延、出血 ・骨粗しょう症・乳児ビタミンK欠乏性出血症
過剰症 ・とくになし
供給源 ほうれん草・ブロッコリー・海藻・納豆・チーズ・レタス・キャベツ

ビタミンC

主な働き ・コラーゲンの生成に関与
・体の防衛機能の強化
・体の抵抗力の強化
・発ガン物質の生成を阻止
・ストレスへの抵抗力を強める
欠乏症 ・病気に対する抵抗力が弱まる ・壊血病 ・出血しやすくなる ・骨折しやすくなる
過剰症 ・とくになし
供給源 柑橘類・いちご・ブロッコリー・パセリ・ピーマン・ほうれん草・緑茶・イモ類

ビタミンB3

主な働き ・血液循環を良くする
・コレステロールを低下させる
・細胞の代謝、遺伝子の修復
・インスリンの合成に関与
欠乏症 ・口舌炎・皮膚病・神経症・胃腸病・ペラグラ・嘔吐・腹痛
過剰症 ・大量服用により顔面紅潮、皮膚の赤み、ほてりなどが起きることがある
供給源 肉類・レバー・まぐろ・かつお・たらこ・パン酵母

ビタミンB1

主な働き ・糖質の代謝に関与
・精神の安定を保つ作用
・成長促進
・消化液の分泌促進
欠乏症 ・脚気・神経系統の障害・食欲減退・体重減少・心臓肥大・浮腫
過剰症 ・とくになし
供給源 豚肉・鴨肉・豆類・うなぎ・そば粉・玄米

ビタミンB2

主な働き ・成長、細胞の再生
・発育促進
・粘膜の保護
欠乏症 ・皮膚炎・口唇炎・角膜炎・舌炎・発育障害
過剰症 ・とくになし
供給源 牛・豚レバー・どじょう・しじみ・やつめうなぎ・チーズ・鶏卵・納豆

ビタミンB5

主な働き ・脂質の代謝を調整する
・細胞の正常な成長の維持
・神経中枢系の発達を補助
・脂肪と糖のエネルギー転換に不可欠
・成長促進作用
欠乏症 ・生育阻害・鬱病・皮膚炎・出血・毛髪色素欠乏症・低血糖症
過剰症 ・とくになし
供給源 牛・豚レバー・鶏卵・乳製品・玄米・アボカド・サツマイモ・カリフラワー

ビタミンB6

主な働き ・たんぱく質、脂肪の吸収
・代謝を補助
・体内のアミノ酸代謝に関与
・中枢神経系の保護
欠乏症 ・皮膚炎・舌炎・貧血・神経過敏症・先端疼痛症
過剰症 ・とくになし
供給源 牛・豚レバー・鶏肉・魚類・豆類・にんにく

ビタミンB12

主な働き ・たんぱく質、核酸の代謝の補助、成長促進
・赤血球の生成促進
・集中力、記憶力を高め、精神を安定させる
欠乏症 ・悪性貧血・筋肉痛・記憶力の減退・中枢神経障害、神経異常
過剰症 ・とくになし
供給源 牛・豚レバー・乳製品・卵黄・魚介類

葉酸

主な働き ・糖とアミノ酸を使用するのに不可欠
・たんぱく質の代謝を補助
・胃腸や口の粘膜を保護
・心臓発作と脳卒中のリスクを下げる
・鬱病と精神障害を改善
欠乏症 ・口内炎・貧血・出血傾向の病気に対する抵抗力減少・下痢
過剰症 ・発熱・呼吸障害・胃腸障害・下痢・胃腸炎
供給源 牛・豚レバー・鶏卵・豆類・アスパラ・ほうれん草・キャベツ・トマト・バナナ

ビオチン

主な働き ・脂肪、たんぱく質の合成
・アミノ酸、脂肪の代謝を補助する
・甲状腺、生殖器官、神経皮膚組織を正常に保つ
欠乏症 ・卵巣、胎盤の萎縮・皮膚炎・疲労感、やる気のなさ・脂肪の代謝悪化
過剰症 ・とくになし
供給源 ・鶏レバー・牛レバー・乳製品・鶏卵・大豆・ナッツ類・ローヤルゼリー

イノシトール

主な働き ・細胞膜を構成
・骨髄・目の粘膜、腸管細胞の成長と維持
・皮脂腺、毛の成長に関与し脱毛を防ぐ
欠乏症 ・湿疹・脱毛・便秘・不眠・高血圧・動脈硬化
過剰症 ・亜鉛、カルシウム、鉄の吸収を悪くすることがある
供給源 牛・豚レバー・ビール酵母・ほうれん草・カブの葉・豆類・サツマイモ

Contents



e-SELECT SHOPPING ネット通販ショップ

レーザーアキュラシー ピンポイント

ゴルフ スコープ ニコン

Trustfire 正規販売店 トラストファイアジャパン