×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンドロイチン硫酸


軟骨を構成するムコ多糖類の一つ。加熱すると凝固する性質を持っていて、食物繊維の仲間でもある。サメ軟骨などを原料に作る成分で、軟骨の合成を促進する。また、軟骨がすり減って起こる関節炎を抑える作用が知られている。皮膚、血管壁、軟骨、靭帯、関節、眼球、粘膜、各臓器などの組織に保水性、弾力性を与え、栄養分の消化、吸収、代謝を促進する。また、骨の成長を促し、骨粗鬆症を予防する。成長期には体内でも生合性するが、年齢を重ねると生産されにくくなり、皮膚をはじめとする各組織のみずみずしさやハリが失われる。

Contents



e-SELECT SHOPPING ネットショッピング

bushnell ピンシーカー

ニコン 550AS 通販

小型ライト トラストファイア C8-T6