×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

更年期を楽に過ごす


閉経年齢は平均50歳で、閉経の前後の時期を更年期といいます。通常更年期は40〜55歳前後であり卵巣が生殖機能を終え、ホルモンの分泌が低下していく段階で女性特有の症状が現れる。更年期障害の症状は【のぼせ/ほてり/発汗/寝汗/手足の冷え/動悸/息切れ/めまい/頭痛/肩こり/腰痛/不眠/イライラ感/不安感/疲労感】など実に様々な症状が認められています。また、ストレスなどの精神面で自立神経の働きが乱れ、ホルモン分泌に異常を来たします。更年期以後の女性ホルモンはエストロゲンが不足するため、男性よりも骨粗しょう症や心臓病、脳血管疾患にかかりやすくなります。

更年期障害に対して西洋医学ではホルモン補充療法、対症療法が行われ、植物性食品、ハーブには女性ホルモンと同じ働きをする成分が含まれていて``統合医療,,ではそれらを合わせて利用することもある。



*女性ホルモンの働きをもつ食品成分

大豆イソフラボン



*女性ホルモンの働きをもつハーブ

プエラリア・ミリフィカ/レッドクローバー/ブラックコホシュ



*不眠や不安感に対するハーブ

バレリアン



*ストレスやうつ病に対するハーブ

セントジョーンズワート


Contents



激安ネット通販 e-SELECT SHOPPING

レーザーアキュラシー

ゴルフ スコープ ニコン

TrustFire 自転車 明るいライト D008