女性特有の症状緩和


女性特有の生涯はエストロゲンなど女性ホルモンの働きが影響されます。女性ホルモンは脳の視床下部にある中枢で調整し、産生・分泌されます。日常生活のストレスや加齢に伴うホルモンバランスの変化、月経異常などによってホルモン分泌の調整の乱れ、イライラや不眠といった症状などが現れます。

女性特有の病気は[子宮筋腫:エストロゲンの刺激により子宮の筋肉繊維が増殖する良性腫瘍の一種で成人女性の4人に1人があるといわれるほど多く30〜40歳代で生理痛や貧血などの症状が現れますが自覚せず、一生過ごしてしまう場合もあります。

子宮内膜症:子宮の内面をおおっている膜が子宮内膜で子宮の筋肉部分や卵巣や卵管、腹腔など子宮以外のところにまぎれこみ増殖する病気で強い生理痛や過多生理、性交痛などの症状があり、30〜40歳代に起こりやすく、閉経期になると症状は減退します。

月経前症候群(PMS):生理前(3〜10日)にイライラ感や不眠、抑うつ、下腹部痛、便秘、むくみ、乳房痛、悪心などの症状が現れ、生理が始まると症状が軽減したり、消失したりする月経前緊張症とも呼ばれています。原因は卵巣黄体期の内分泌環境、黄体ホルモン(プロゲステロン)が関与すると考えられています。

更年期障害:閉経年齢は平均50歳で、閉経の前後の時期を更年期といいます。通常更年期は40〜55歳前後であり卵巣が生殖機能を終え、ホルモンの分泌が低下していく段階で女性特有の症状が現れる。更年期障害の症状は【のぼせ/ほてり/発汗/寝汗/手足の冷え/動悸/息切れ/めまい/頭痛/肩こり/腰痛/不眠/イライラ感/不安感/疲労感】など実に様々な症状が認められています。また、ストレスなどの精神面で自立神経の働きが乱れ、ホルモン分泌に異常を来たします。更年期以後の女性ホルモンはエストロゲンが不足するため、男性よりも骨粗しょう症や心臓病、脳血管疾患にかかりやすくなります。



*女性ホルモンの調整に働くサプリメント

大豆イソフラボン/レッドクローバー/ブラックコホシュ/プエラリア・ミリフィカ/チェストツリー


Contents



e-SELECT SHOPPING ネット通販ショップ

レーザーレベル比較

ゴルフ レーザー距離測定器

防災グッズ ライト トラストファイアZ6