うつ病でつらい


うつ病は、脳の中で情報を伝達する役割をもつ「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質が不足することで起こる病気で、「気分が落ち込む」「食欲不振」「疲労感」「集中力の低下」などが2週間以上続く精神的症状や「頭痛」「倦怠感」「肩こり」「胃痛」といった身体的症状を引き起こします。ゆっくり休養することが大切で、治療薬として、「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」や「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」といった抗うつ剤が利用されています。同様に効果をもち、副作用がより少ない成分のサプリメントもあります。



*抗うつ作用のあるハーブ

セントジョーンズワート



*抗うつ作用のある成分

サム・イー

Contents



通販 家具 e-SELECT SHOPPING

ピンシーカースロープ プロ1M

ゴルフ距離計 口コミ

懐中 電灯 最強の明るさ TrustFire