眠れない人


脳には、眠る際に「睡眠中枢」と目覚めに「覚醒中枢」とが働き、その調整機能が正常に働かないと不眠症などの症状を引き起こします。原因としては、疲労やストレス、うつ病、脳血管疾患、肥満(睡眠時無呼吸症候群)、医薬品の副作用などが考えられます。一時的な不眠に対して、カモミールやレモンバーム、バレリアンといったハーブを利用します。また、睡眠薬の多くは、ベンゾジアゼピン受容体作動薬という種類で、覚醒中枢を刺激する感情中枢の興奮を抑制します。



*穏やかに働くハーブ

バレリアン



*睡眠のリズムを整えるホルモン

メラトニン



*光への反応を高めて睡眠のリズムを整える成分

ビタミンB12



*うつ病に伴う不眠症での抗うつの働き

セントジョーンズワート


Contents



e-SELECT SHOPPING ネットショッピング

距離計 価格

イーグルビジョン

trustfire tr j18