×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コレステロール値が高い


日本動脈硬化学会の診断基準【総コレステロール値:220mg/dl以上/LDL(悪玉)コレステロール値:140mg/dl以上/HDL(善玉)コレステロール値:40mg/dl未満/中性脂肪(トリグリセリド)値:150mg/dl以上】いずれか一つ以上を満たすと「高脂血症」と診断されます。高脂血症は「血液ドロドロ」の状態で動脈硬化が進行し、脳梗塞や心筋梗塞といった病気を引き起こします。コレステロール値を下げるには、食物繊維を摂り、コレステロールを吸着させ、体外へ排泄する。抗酸化作用をもつ成分を摂り、LDL(悪玉)の酸化を防ぐ。大豆たんぱく質を摂り、コレステロールを減らす。青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸(DHA/EPA)を摂り、血栓症を予防する。こういった食事内容を見直し運動習慣を持つことが大切です。



*肝臓でのコレステロール合成を抑える

紅麹(べにこうじ)



*コレステロールの吸収を抑える

植物ステロール/キトサン



*コレステロール値を下げる

大豆イソフラボン/ニンニク/ローヤルゼリー/トコトリエノール/冬虫夏草



*抗酸化作用をもつサプリメント

青汁/トコトリエノール/レシチン



*血液をサラサラにし血栓の形成を防ぐ

DHA/EPA/ナットウキナーゼ


Contents



e-SELECT SHOPPING ネットショッピング

ピンシーカーメダリスト

ゴルフ gps距離測定器

TrustFire 18650 電池